ご訪問頂いた皆さま、有難うございます!



「amazon」では、欲しい図書を「より安く・より早く」手に入れることが出来ます。

2011年03月30日

だからヤマダで買いたくなる



これはヤマダ電機の事を書いてある図書ではない。
量販店と家電メーカー、系列店に関係する人にとっては必読な図書。


ラベル:ヤマダ 家電
【関連する記事】
posted by H_system at 01:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 読んで良かった図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

自助論

『自助論』スマイルズ


この図書に出合うのがもっと早かったら...と、感じる図書。

しかし、どの「タイミング」で、この「図書」に出合っていれば良かったか?は、自分でも判らない。

20代で、この「図書」に出合い、何かを感じるなら、とても素晴らしい「人生」を歩めるのかもしれない...

私は、38才ですが、他の幾つかの「図書」と共に、いつかは「出合うべき図書」だと感じます。

このブログに訪問して頂いた皆様。

これも、なにかの『縁』です。

まだ、手元にお持ちでなければ、これを機会に、「手元」に置かれることを期待します。

「読む?読まない?」のご判断は、11ページ目を読んでからで宜しいかと...


少なくとも、私にとっては「出合うべくして出合った図書」だと感じています。

2010年08月03日

交渉学

あれ? amazonで検索しても出てこない...

加来耕三著『交渉学』時事通信社

楽天でも...(汗;)


数年前に購入した『交渉学』という図書が、
私にとって、とても「役に立っていた」と感じるため、

ここに記録しようと思ったが、

意外なことに、

ネット通販では簡単に手に入らない事実に直面した(汗;)


再度、勉強をし直そうと思い、ここに記録しようとしたのですが...

この図書の価値は、読んだ人にしか理解できないでしょう...

もう一度読んで、更に理解を深めようと思う...







ラベル:交渉 心理
posted by H_system at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで良かった図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

「ユダヤの商法」故藤田田氏

今日、自宅に届いた「商業界」を読んでいて、


数年前に読んだ図書の意味を、再び感じたので、記録します。

ユダヤの商法 (ワニの本 197)


何を売るか?誰に売るか?を書いた図書です。

安くは、手に入りませんが、

小売業に携わる私には「必読の図書の一冊」だったと、改めて感じた一冊です。



2010年05月29日

日経トップリーダー

今日も「日経トップリーダー」が家に届いた。

「2010年6月号」

5月号が届いた時にも、定期購読を申し込んで良かった!と感じましたが、

6月号もまた、大変、読み応えのありそうな記事ばかり!

今回も、1日で読み終えた気になるにはもったいない内容だ...

日経トップリーダー
日経トップリーダー


自分の為に、目次だけ添付しておきたい...

IMG_0450.JPG

出来るだけ早く、確実に、体得すべき!だと実感します!


「日々、勉強だ!」と、教えてくれるビジネス誌だと感じる...

posted by H_system at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期購読している「雑誌」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

カメラを売る為に必要な図書

デジカメ、ビデオカメラを売る為に、必要な図書だと感じました。
さっそく、購入します。

「子どもに伝えたい年中行事・記念日」


これがあれば、お客様の期待にこたえられるカメラをお勧めできるようになるかな??

2010年05月24日

「BOSS」2010.7号

本日、自宅に届いた「月刊BOSS」7月号を読んでいます。

50ページ目から、

「政治家も経営者も歴史に学べ 今に生きる”近江商人”の教え」というタイトルで、

伊藤忠商事の丹羽 宇一郎(にわ ういちろう)取締相談役による記事が載っています。

何度も読み返したい記事として、記録します。

「月刊 BOSS」
月刊 BOSS


私には、52ページ目の「Word」

「完璧にはできないからこそ、口を酸っぱくして言わないと。そして...」という文章が、大変、意味のある記事でした...

この記事により、

「BOSS」は、購読解除をすることが出来ない月刊誌だと感じました...
posted by H_system at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期購読している「雑誌」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

「切腹」

「切腹」という「Word」の意味を「リアルに」知ることが出来る図書。
武士道 (PHP文庫)


121ページ目から、恐ろしいほどリアルに、自ら「切腹」をする状況にたたされた人達の状況を描写しています...

cf.この図書は、まだ日本が、外国諸国によく理解をされていなかった時(明治32年)に、新渡戸稲造氏が「日本の伝統的精神」として記述し、アメリカで出版した図書(英文)が原書です。

私にとって、「必読の一冊」でした...
posted by H_system at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで良かった図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業は感情移入

少し前に読んだ図書を、2冊、記録します。

「営業は感情移入」


と、

「かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール」


です。

いずれも、

書かれていることを実戦できれば、自分に変化が起こる図書だと感じます。

全部、一気にはなかなかですが、実践できることは「直ぐにでも」やった方がよさそうだ...

もう一度、読みなおす時間が欲しい...
posted by H_system at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んで良かった図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

ツイッター本とウェブ本

今までに、読んだツイッター本で「役に立った」と実感できたのは、

「ビジネス・ツイッター 世界の企業を変えた140文字の会話メディア」


でした...

特に、どうやって「ツイッター」が出来あがったか?
「ツイッター」がどう進化してきたか?

ということが、詳しく紹介されています。

「ツイッター」を語る為には、必須の図書だと実感しています。


次は、

「今から読もうとしている図書」です。

仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)


と、

ウェブ大変化 パワーシフトの始まり~クラウドだけでは語れない来たるべき未来 (KINDAI E&S BOOK)


です。

さて、これらの図書が、私にどんな変化をもたらすでしょう??
posted by H_system at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 図書の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
「YoutubeDrive」で動画を検索!




↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
amazonでは、欲しい図書を「安く」ゲットできます...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。